食べても太らない人の「食事の取り方」

やせたい、ダイエットを成功させたい…… そう思う時、誰もがまず考えるのが「食事の量を減らすこと」。もちろん、朝昼夜の3回の食事で、必要以上の量を食べ続けていたら、体重はどんどん増えます。でも、極端に食事の量を減らすと、栄養バランスが悪くなり体調を崩しやすくなる上に、体全体の新陳代謝が落ち、結果的に「やせにくい体」になってしまうこともあります。やみくもに食事の量を減らさなくても、「食事のとり方」を見直すだけで、効果がグンと上がりますよ。太りやすい人には、「肉やご飯ものが好き」という方が多いもの。肉やご飯を食べるのをやめる必要はありませんが、食事の最初から肉やご飯に飛びつくのではなく、「あるもの」を先に食べる習慣をつけてほしいのです。それは、「お味噌汁やスープなどの汁物」「サラダや煮物などの野菜系おかず」。こうした汁物や野菜系のおかずを先に食べることで、ある程度お腹が満たされて、肉やご飯の食べ過ぎを防ぐことができます。また、消化の働きの上でも、食事の最初に汁物や野菜をとると効果があることが研究機関からも報告されています。ストレスなく好きなものを食べながら、効果的にやせられる食事のとり方、ぜひお試しください!